2019(令和元)年の焼岳小屋の営業期間変更について(公式サイトより)

焼岳小屋の公式サイトからの情報です。
例年より早くなり、宿泊は本日19日(土)までとのこと、上高地側の登山道で通行可能なのは23日まで(24日早朝まで)、です。

焼岳小屋の営業期間変更について

2019年の焼岳小屋の営業期間が短縮されました。
10月20日(日)にて今シーズンの営業が終了となります。
※ご宿泊は10月19日(土)までとなります。
それに伴いまして上高地からの焼岳登山道の梯子が10月24日(木)に撤去されます。
梯子撤去後は上高地からの登山、焼岳からの上高地への下山ができませんので
ご注意くださいませ。


ドールも登山「ヤベェ」山岳誌、インドア派にもアピール

ちょっと変わった山岳雑誌が誕生した。季刊誌「ヤクのあしあと」。主にアニメやゲームなどインドア趣味に熱中する、山登りとは縁遠い人たち向けだ。発行した姫野栄志さん(33)=長野県松本市安曇=は「独特な世界観で、登山の魅力を伝えたい」と意気込む。

出典:朝日新聞デジタル

壮大な穂高連峰を臨む絶景スポット「上高地小梨平キャンプ場」。【お風呂に入れるキャンプ場FILE #15】

「キャンプでもゆっくりお風呂に入れたらいいのに」そう思うことはありませんか? そんな希望を叶えてくれる「お風呂に入れるキャンプ場」をご紹介していきます。

今回ご紹介するのは、日本屈指の山岳リゾート「上高地」にある「小梨平キャンプ場」。穂高連峰を一望できる壮大なロケーションは、多くの登山家やキャンパーたちを魅了しています。登山の拠点としてはもちろんですが、山に登らなくても風光明媚な美しい景色を堪能できるスポットなんです。

出典:アウトドアファッションのGO OUT WEB


松本のアウトドア用品開発会社が4人用テント 初リリース、受注好調 /長野

松本のアウトドア用品開発「ZANE ARTS(ゼインアーツ)」(松本市島内、TEL 0263-87-2955)が4月にリリースした4人用テント「ZEKU(ゼクー)-M」の受注が好調だ。(松本経済新聞)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000031-minkei-l20


2019年の焼岳小屋営業期間情報(公式サイト2019/06/03時点)

2019(令和元)年の焼岳小屋営業期間
営業開始:6月15日(土)〜
となっています。
正式には松本市・上高地の公式サイトをご覧ください。


公式サイトとは別の情報ですが、小屋の管理人さんのお話しでは下記のような営業期間となります。

営業終了:10月24日(木)予定
上高地側登山道の鉄梯子の撤去:10月28日(月)予定
※雪崩による紛失・破損を防ぐための作業です。
 鉄梯子は上高地側の急峻な崖の通り道で使用するものなので、
 梯子がない場合、登下降は不可能になります。

本年もよろしくお願いいたします。

焼岳小屋発の山の新ブランド、「GOZAN」始動

焼岳小屋の管理人さんが山の新ブランド「GOZAN」を立ち上げました。
山小屋の仕事の中で気づいたアイデアをもとに、山のギアやウェア、小物などを発信、Tシャツは本格的なアウトドア用の素材を使用、ギアや小物は登山だけでなく里山や自然のなかで利用できる幅広いジャンルを手がけるそうです。
写真のワッペンは上高地・小梨平のアルプス観光さんの売店でも販売されるとのこと。
ぜひ見つけてみてください。

2018年の焼岳小屋は6月14日(木)から営業開始しています

先月6月7日、山小屋へのヘリコプターによる荷揚げのお手伝いで上高地、焼岳小屋に行きました。
今年は快晴となり滞りなく作業は終了、6月14日(木)より営業を開始しています。
予約のお問い合わせなどは、日本アルプス上高地・焼岳小屋(松本市公式サイト)を参照ください。

今年も焼岳小屋、yakedake.jpをよろしくお願いいたします。