焼岳小屋開けのお手伝いに行ってきました、夏山間近ですね。

先週、夜行バスに乗って小屋開けのお手伝いに行ってきました。お手伝いというか、単にお邪魔になってしまったかもしれませんが⋯⋯(^_^; 夏の小屋番さんや、森を見回る仕事をしている方も手伝いに加わって、わいわいと準備しました。

小屋前にはまだ雪が少し残ってましたが、ほとんど解けてます。上高地側はまだ少し雪が残ってますが、アイゼンはいらない程度です。
中尾側はまだ雪が残ってますし、特に下りは道を間違えやすいかな、と思います。
登下降の際は、事前に、小屋の方か、中尾の方に様子を聞いたほうがよいと思いますよ。

西穂高から焼岳小屋までの稜線はまだ雪がベッタリです、その時点では歩いた人はまだいないと思われますし、トレースは当然、ないと思いましょう。

写真は上高地からの荷揚げのヘリコプターです。ドラム缶に入った燃料やお米、ジュース(ビールもあるよ!)が上がってきました。緊張しますね。



その後、荷物を入れる簡易ビニール倉庫を組み立てたり、トイレの屋根にソーラーパネルを取り付けたり、小屋の二階を掃除して布団を定位置に運んだり⋯⋯やることはたくさんありました。
また、自分が登ってくる前には、前の小屋番さんが手伝いに来て、何日もかかって小屋内の配線も取り替えたのだそうです。たいへんだったと思います(謝謝)。

小屋主さんにはいろいろとお世話になりました。ありがとうございます。
今度は夏の草刈りのお手伝いに行こうかと思っています。またレポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です