焼岳の謎

飛騨の群発地震はどうやらおさまったようです。
この地域はたびたび地震があるようですが、活火山の近くなら地下にはマグマ(あるいはその名残)があるわけですから、地震は普通に起きますよね。
日本列島そのものが火山によって成り立つのだから、地震は普通に、どこでも起こっています。

普通に起こっている地震なのですが、まだまだ未解明なことが多いようです。
飛騨の群発地震も、なぜ、どのようにそれが起こり、そして消えるのか、わかりません。

再びzakzakの記事。

【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】地震は地震計が嫌い? 地震学者が地震に逃げられた… – 政治・社会 – ZAKZAK

群発地震はその年の8月7日、長野県の上高地で始まった。 … 上高地で始まった群発地震は西にある活火山・焼岳にしだいに近づいているように見えた。 …


飛騨の群発地震が焼岳と関係があるのか、それとも、また別の地殻変動との関係があるのか。
あるいは「超火山としての槍・穂高」の名残なのか。
地震学者には、どんどん研究してもらいたいですね。

地震現象は、科学の最大のフロンティアです。

コメントは受け付けていません。